モデル募集バナー1

写真家 NORIO TAKAHASHI
“Portrait” Collection

Blog

放射能のこと。海外に移住してみて感じた個人的な見解と感じた思い。

ご覧頂きありがとうございます!Norio_Takahashiです。

直接の移住理由では無いのですが、パラグアイ(2016.2月〜)に来る以前の、ここ数年。ずっと下痢でした。 理由は不明。ところが気がつけば治ってたんです。 あれ?そういえば下痢しない。むしろ調子がいい。。。

2017年1月末から6月末まで日本に一時帰国していました。 パラグアイから日本へは、ニューヨーク(JFK)経由の成田着でした。 全くお腹の事など気にもなっていませんでした。が、、、 成田空港に着くなり、お腹が痛くなり即トイレ。(御飯中の方ごめんなさい。)

日本にいる間はずっと下痢

それから日本にいる間はずっと下痢でした。

基本的に放射能は気にしない人なので、精神的にとも考えにくいですし、やはり一部の人は体調不良の原因になっているのかもしれません。

ですので、放射能やばい!!とは人には言いませんし移住なども進めたりはしません。

ただ、大丈夫な人とそうでない人が居るんだなという言う考えには、落ち着きました。

なので世間では、

放射能は大丈夫。何言ってるの?という意見。

一方では、ダメだ!日本はダメになった。

などという意見になってしまい対立しているんだと思います。

まあ、やばいやばいなんて国が言ってしまえばパニックになるでしょうし、情報操作もあると思います。

気にしたくも無いですし、大丈夫とも思いたいですが、やはり。。。

多少は影響があるように思います。

思い込みと情報操作

日々、色々な事をググります。皆さんもそうだと思います。

無意識にネットの情報ってと、ほとんどが正しい。たくさん調べて見て同じ意見が多いとこれは「これ正解!あっている。」と思い込んでいた事にパラグアイに来て気付いたんです!

なぜかというと日本に居る時に事前にパラグアイの情報を色々と調べました。 その情報を頼りにしますよね?

実際に来て見たらまるで違う!!その事で気が付いたんです。

日本に居るときは意識どころか全く気付きませんでした。

はっ!これが情報操作かも。

もしくは思い込みなんだと初めて気が付きました。

それからニュースは、日々の出来事としか見なくなりました。

真実は自分の目で見て感じ取らないとわからないんだという事を学びました。

まとめ

結局は自分の感覚が「自分には」一番正しいんだと思います。 もっと自分を信じてあげたら、感覚が研ぎ澄まされて来たように思います。

簡単に考えてしまうと他人に自分の感覚や考えを押し付けてしまいそうになりますが、そうでは無くて他の誰でも無い「自分自身の事」しか自分にはわからないんです。

自身の事なら、心に聞けば必ず答えを返してくれます。結構時間がかかったり忘れた頃に、ふと「ひらめく」ことが多いですが。

自分のことは他人に聞いてもわかりません。

自分をより良くする為、自身を守る為、理想の人生を歩むには徹底的に自分を信頼する。そして流されない。そして心に聞いてみる。自分を最大限信じて聞いてみる。

見る角度によっては自分勝手に周り(他の人)からは見えます。
海外移住も反対されたり呆れられたりしました。でも最後は自分の心に従いました。

自分も好きなように生きます。その代わり同じように相手の勝手も認めてみる。

そうすれば自分が自由になれる気がしました。

自分が正しい正しく無いとかではなくて、自分のことは自分で判断して決める。決めるというか自分にしか分からないので自分に聞く事ですね。

人に話したりすると考えが明確になったりします。

それは相手に伝えたからでは無くて、人に伝えるには頭を整理をする必要があるので、考えがまとまって明確になります。そこまでだと良いのですが話して相手から意見をいっぱい貰い過ぎてしまうと自身の考えや気持ちが見えなくなってしまう時が多々あります。なので最近は相談はしなくなりました。

もっと自分の気持ちに素直に従えば人にも優しくなれそうな気がしています。

※ちなみに、7月からパラグイアイに戻っていますが、1週間くらいはお腹の調子が悪かったのですが、今はまた快調に戻りました。やはり影響はあるのかもと感じています。

お品書き

モデル募集